債務整理Excuse!押さえておきたい債務整理のポイント

保証人への影響と債務整理

もし、金融機関や裁判所などから連絡がすべて弁護士の所に行って、そこから自分に連絡してくれるという事が可能であれば、同居していたとしても債務整理や借金については知られる事がないまま解決できる事もある様です。

しかし、これはその中に保証人となってくれた家族がいない場合です。

債務整理をした時に、債務者が一人で手続きを行ったのであれば、保証人となった人の元に取り立てが行き、返済しないといけなくなってしまう事もあります。

その場合には保証人となっている人にもその事を告げて、返済が可能であれば、保証人が完済する事になります。

そして、保証人も返済ができない場合は、一緒に手続きを行ったりしないといけないケースもあります。

債務整理、借金相談を通じた司法書士への依頼

司法書士などが主に取り扱っている借金相談では、債務整理など手続きが必要な場合でも、気にしないでそのまま依頼することが可能なため、相談内容のうちの一つである環境や事情などの情報を汲み取った上で適切な対応が行われます。

相談業務や手続きの着手については無料で取り扱われているケースも多く、費用を気にせずに利用することができます。債務整理には複数の方法が存在しており、自分の借金内容や状況に合わせた解決方法を探し出すことが重要でもあります。速やかな問題の解決は、長年頭を抱えてきた借金に関するストレスを手放すことにも繋がります。

認定司法書士や弁護士に債務整理、借金相談する

多重債務は、もうすでに借り入れている債務を返済していくために、別の金融機関から新しくお金を借り入れて返済していくことが難しい状態になっていることを指しています。多重債務の状態に陥ってしまうと、その状態のままの生活を、いずれ継続させることができなくなってしまいます。

こうなると自力で解決に導くことが非常に難しくなってしまうため、法律の専門家である認定司法書士や、弁護士などに借金相談をするのが良い方法の1つとなります。多重債務の状態を解決させる方法として挙げられるのが債務整理という法律上の手続きになります。

債務整理の中でも任意整理の費用はとても安い

債務整理は、債権者の債権をなかったことにするため、その手続きを利用する際には相応の費用が必要になります。債権をなかったことにするためには裁判所に申請をして、免責を認めてもらったうえで手続きをしなくてはいけません。

この際、裁判所に対する諸々の費用を考慮すると、だいたい経費は30万円程度必要になります。一方で、任意整理の場合には債権者との合意のみによって新しい契約を締結することになりますので、費用を非常に小さくて済みます。任意整理の場合には相場として一社当たり3万円程度で済みますので、手軽に問題を解決できます。

債務整理と任意整理について

債務整理というのは弁護士さんや、司法書士のもとで自分が今抱えている借金の整理とすることなのですが、その中でも最近受ける人が多いのが任意整理です。こちらは借金の返済を待ってもらう、長期に伸ばしてもらうことによって、月々の返済額を減らすことです。

こちらを行うことによって、今まで月10万円以上返済していたものを月5万円程度に抑えることができます。また振分けなどは全て弁護士さんや司法書士さんが行ってくれるので、自分が直接金融業者とやり取りをする必要はありません。支払いの催促なども来なくなりますので、精神的にも安定するようになります。