債務整理Excuse!押さえておきたい債務整理のポイント

個人再生申請代理人の弁護士や司法書士

借金の法的整理である民事再生の申し立てなどは、弁護士または司法書士に依頼をするのが一般的です。彼らがその件に関して受任をすると、借金の取り立てが一時ストップするからです。

個人が行う民事再生の場合は個人再生と呼ばれていますが、借金を減額してその減額分を原則3年間で返済していくものです。

このとき、収支に見合った再生計画になっているかどうかは、裁判所が判断します。したがって、裁判所の認可が受けられるように適切に作成をしなければいけません。収入に関する証明などの添付も求められます。

士業の専門家でなければ事実上難しいのが実情となっています。

専門家への借金相談で有利な条件の個人再生を

借金が高額で返済が困難な場合、選択すべき債務整理は民事再生か自己破産となります。この選択を行う際、弁護士や司法書士などの専門家に借金相談すれば、最も適切な選択をすることができます。

例えば債務者が個人である場合は、手続きが比較的簡易なうえ高確率で認可のおりる、個人再生という手続きがあります。この手続きは個人を対象とした民事再生であり、借金を最大5分の1まで減額でき、さらに3年間の分割返済という無理のない返済プランを立てることが可能です。専門家への借金相談で、できるだけ有利な条件による債務整理を行いましょう。

個人再生を行うときに借金相談事務所を選ぶポイント

借金を返済できない場合、自己破産という方法もありますが、条件を満たせば個人再生も可能となります。自分が自己破産か個人再生かを判断できない時には、借金相談を行っている事務所を活用しましょう。

事務所選びの時に重要となるポイントは、債務整理の実績、報酬、事務所の所在地です。新規設立した事務所では、債務整理の経験が浅い可能性があります。また、報酬に関しても、依頼内容によって相場がありますので、確認することも必要です。その上、依頼完了までに数回ほど相談を重ねることも多く、遠方の事務所は選ばないようにしましょう。

借金相談から個人再生を実現

持っている借金がかなり多くなっている状況で、何とか返済を進めたいと思っている場合、まずは借金相談を行います。この相談を行った場合、任意整理では厳しいと言われることも多いです。

額が多すぎて、任意整理では減額できる範囲が小さく、返済が進まないからです。そこで個人再生を利用するケースが多くなっています。この方法は、一定額まで減らしてくれるメリットがあるものの、返済期限を決めて債権者の同意を取らなければなりません。相談から手続きを踏んで、交渉もしっかりできるので、どうしても減額したいなら個人再生を前提に相談してみましょう。

個人再生をする場合の借金相談

マイホームを所有している人などは個人再生の手段を採用する人が多いでしょう。任意整理では間に合わない場合や、個人破産をしたくない場合において、個人再生を望む人は多くいます。

この方法については複雑な知識と処理をおこなわなければいけませんので、弁護士や司法書士などの専門家に借金相談することが間違いないでしょう。しっかりと相談をおこなうことで、後々にも役立つ方法を助言してくれるでしょう。法律事務所や司法書士事務所によっては、無料相談を開催されているところもありますので、合わせて利用してみるといいでしょう。