債務整理Excuse!押さえておきたい債務整理のポイント

個人再生時には過払い金が戻ります

司法書士に個人再生を依頼すれば過払い金は返還されます。

債務整理を司法書士に依頼した場合、利息制限法に従い再計算を実施し、法定利息より高い金利を支払っていた場合には、債権者に返還請求を行います。

戻ってきた過払い金の用途は自由です。もちろん、債務整理のための費用に充当することも可能です。

債務整理に悩み、返済不能の状態に陥っている場合には、早めに債務整理を行い、悩みを解消するように心がけましょう。督促で夜も寝れないような状況なら、早い段階で借金を解消するように動きましょう。

人生は長いです。個人再生を行い再出発しても良いはずです。

借金相談をして個人再生手続きをしましょう

個人再生は、任意整理と自己破産の中間のような制度となります。つまり自己破産と同様、裁判所に申し立てをおこないます。しかし自己破産のように、全ての債務を免責にするのではありません。

これは債務を大幅に免責してもらい、任意整理のような長期の分割支払いにする制度です。減額幅は、任意整理以上に大きくなるのが特徴です。債務を大幅に免責して、数年かけて支払うと記した計画書を裁判所宛に提出します。認可されたら計画案に記載された金額まで免責されます。個人再生を行いたい場合は、弁護士に借金相談をして、依頼をすることで弁護士が代理で申請してくれます。

借金相談で個人再生をするデメリット

借金相談で個人再生をする最大のメリットは、今持っている自分の財産を手放さずに、負債を減らすことができるという所ですが、デメリットは存在するのでしょうか?自己破産や、任意整理同様ブラックリストにのってしまう点はデメリットですが、こちらは借金を返済していこうと考えている人にとってはそこまで大きな問題でもないと思います。

なぜ自己破産になってしまう人が多いのかというと、個人再生に関しては、残された負債をきちんと返済できるだけの収入が確約していないと裁判所から許可がおりないためです。残りを分割してでも定期的に返済していけるだけの収入がなければ難しいです。

借金相談と個人再生について

借金相談の中で、任意整理の次にすすめられる可能性が高いのが、個人再生です。しかし任意整理と自己破産の認知度に比べるとどのような制度かイマイチわからない人も多いかと思います。一体どのような制度なのでしょうか?

簡単にいってしまえば任意整理と自己破産の間のような制度なのですが、自己破産のように全ての債務を0にしてもらう訳ではなく、債務を大幅に免責(5分の1程度)にしてもらい、任意整理同様残った債務を分割して支払っていく制度です。こちらも自己破産同様、裁判所の承認が必要な制度になってきますが、任意整理より支払う金額が少なくなってくるため、多額の借金を抱えている人にはピッタリです。

借金相談、個人再生なるか

借金の返済にあくせくしているのは、心身とも平穏な生活を送るにはほど遠いでしょう。家族がいれば、家族にまで身の危険が押し寄せることもあります。このような場合は、個人再生する方法を探ることがベストです。

まずは悶々としていても仕方がないので、専門家に借金相談すべきです。現行の法律に従ってできるベストのアイディアを教えてくれます。相談料、着手金が無料の事務所もあり、初期費用がただという場合もあるので、負担はそれほどありません。弁護士費用はかかりますが、現状を打破できるのは大きな一歩ですから、検討してください。

個人再生 大阪は債務整理Master 債務整理は司法書士へ依頼!

個人再生を進めたい場合の借金相談

個人再生は裁判所からの判断によって借金額が減らされる方法であり、借金の返済に悩む方が少しでもスムーズに問題を解決させるための重要な手続きとしても広く認識されています。借金額が減らされるケースも多く、今後の借金返済に関する計画の見直しや、将来設計に関する立て直しが可能となります。

自分自身で手続きを進める事も不可能ではないものの、裁判所へ足を運ぶなどの速やかに対処することが難しい作業も多く発生するため、法律に基づいた制度に詳しい専門家への依頼が一般的です。弁護士や司法書士などへの借金相談によって、よりスムーズな解決が期待できます。

借金相談を通じた個人再生の適用

弁護士や司法書士などの法律専門家へ借金相談を行う場合、返済の見込みが立たなかったり、借金を抱える事についての負担が大きすぎたりする時には、債務整理の手続きが進められるケースも多く見受けられます。

借入先の金融業者と交渉を行う任意整理の他、裁判所からの判断によって借金の残額が減らされる個人再生などの手続きも、スムーズに行ってもらう事ができます。それでも完全な借金返済に関して見通しが立たない場合は、自己破産のお手続きへと進められることもあり、複数の手段の中から、借金問題の解決へ繋げるための手立てが考えられます。

個人再生と司法書士について