債務整理Excuse!押さえておきたい債務整理のポイント

過払い金返還請求を相談

過払いとは、払いすぎた利息の事を言います。

元金の返済は完了している場合でも、借金の返済が続いている場合や、返済期間が長期間に及ぶ場合は、利息を支払い過ぎている可能性があります。

詳しい内容については、専門知識がないと難しい部分もあるかと思いますので、専門家に相談して自分に最も合う解決策を見つけてはいかがでしょうか。

過払いは解決が難しいと言われる事もありますが、できる限り返済してもらいたいですよね。

過払い金が発生しているという事は何らかの形で金融機関を利用している人です。

そして、金融機関を利用する人の多くは金銭的に困っている人が多いため、少しの過払い金でも返済してほしいという人は多いのではないでしょうか。

しかし、過払い請求は専門家にお願いしないと、素人では少し難しい部分もあるでしょう。

しかし、金銭的に余裕がない中で専門家に相談する費用を捻出するのはそう簡単なことではないようです。

過払い金請求すると住宅ローンは組めなくなるの?

過払い金請求をした後、住宅ローンが組めなくなるかどうかは、請求後に借金が完済しているかどうかによって変わります。 既に完済した後、もしくは請求をした金額で完済をする事が出来、請求後に債務が残らない状態であれば、信用情報に傷がつかないので、今後の審査に影響はありません。

ただ、債務が残る場合は、任意整理という形になってしまう為、信用情報に記載され、住宅ローンの審査に影響が出てしまう可能性もあります。 ただ、過払い金請求をしたからといって、絶対に通らない状態になるという訳ではなく、請求後でも審査に通る可能性もあります。

過払い金の仕訳について

過払いのパターンは様々です。 その為仕訳をする場合ひとくくりで過払い金を 勘定に処理してしまうと後にチェックする際 判りにくくなる恐れがあります、

例えば借金系では入金があった時その時記録 弁護士に報酬が起きたら成功報酬を記録 依頼者に返金した時記録と言った具合にすると 第三者から見ても内容が判る仕組みになります。

また過払い金はよくある借金以外にもあるケースです。 因に賃貸等の例にすると継続して利用するのであれば 返金ではなく前払いに変更すると言う方がお金のやり取りが 重なると言う手間が無くなる分スマートなやり方とされます。

多重債務者は過払い金請求をしましょう

多重債務者は自己破産をして借金を全て免責してもらうことが出来ます。しかし自己破産をしてしまうと、私生活に多少の制限がかかってしまうので、自己破産をする前に債務整理を行います。債務整理の中に過払い請求をする方法があります。

払いすぎた利息を返してもらう制度で、多くの人が利息を払いすぎています。返ってきた利息を借金の返済に充てることが出来るので、借金が無くなったという方も多くみられます。過払い金を請求することによって、借金の額が減額され、返済の目途が立つ場合も多いので、破産宣告をする前に払いすぎた利息を清算するようにしてください。

多重債務の人が過払い金を請求すると?

多重債務の人が過払い金を請求するという事は、借金の金額を減らすという面では非常に大事になってくるものですが、実はそれにはあるデメリットもついてまわることをご存じでしょうか?

実はこちらはすべて借金が返済していればなんの問題もないのですが、現在借金を返済中の場合には債務整理にあたるため、自己破産や、任意整理、民事再生と同じように信用情報にチェックが入ることになります。

つまり今後新規に借り入れをしたり、クレジットカードを作成したりということが難しくなってきます。こういった内容をしらずに請求を初めてしまう人が多いのでぜひ一度自分でも勉強をしてみることをお勧めします。

過払い請求について