債務整理Excuse!押さえておきたい債務整理のポイント

必要な債務整理の方法を選ぶ

債務整理のなかでも、借金の返済は難しく、このままでは人生の再スタートが取れないと判断する方にとって行う事が多い、自己破産というものがあります。

債務整理の中でも、自己破産を知っているという方も多いと思います。

この自己破産は、現在ある借金については今後返済しなくてもいいという処置がされ、今まで苦しんできた借金の返済から逃れることができます。

しかしながら、全ての借金を無かったことにするという処置は誰でもが受けられるというものではありません。それだけではなく、自己破産を行えば、人生設計を再スタートするにしても、色々な制約がついてまわります。

自己破産を行うよりも、任意整理や個人再生、特定調停などを行った方がいい人も多く債務整理のメリット、デメリットをよく理解して、どの方法を選択することが一番いいのかなどを考えて行う必要があります。

ある程度の社会的な地位を持っている人にとって、これからの人生の再設計において、必要な債務整理の方法を選ぶ必要があると言えます。

借金相談、債務整理を司法書士にしよう

法律の改正がおこなわれてから借金相談を司法書士にする人は増えています。司法書士におこなえる借金の相談には制限が設けられていますが、一社に対して140万円以内であることが条件としてありますが、その制限内に収まる人も多くいますので問題ない範囲であることが言えます。

任意整理などの比較的軽い債務整理であれば、相談できる人も数多くいるでしょう。借金相談をおこなっていくことで、解決への道がひらけますので一人で悩んでいるようであれば、法律家に相談してみることをおすすめします。無料相談などの機会を利用するもの有効な手段でしょう。

司法書士にも可能な債務整理、借金相談

借金の返済に関する問題を抱えている方にとって、自分で解決できない悩みをどのように対処すれば良いのか分からないというケースも多く見受けられます。弁護士や司法書士などが在籍している法律機関では、無料の借金相談のための窓口が設けられていることも多く、費用を気にせずに利用することができます。

また債務整理などの手続きが発生した場合においても、事前に行われていた相談内容を汲み取った上での手続き依頼が可能となるため、親身に対応してもらうことができます。法律に基づいた知識や情報を取り入れながら、問題を解決させることが可能となります。

任意整理という債務整理の引き落としを止める方法

債務整理の手続きの中でも任意整理は、債権者に受任通知を郵送することによって取り立てを止めることができます。しかし、クレジットカードのキャッシング枠などを利用している場合は、行き違いで、支払期日に引き落とされてしまう場合があります。

そのため、弁護士などに相談する前にクレジットカードの利用明細を確認しておく必要があります。引き落とされないように残高をゼロにしていても、銀行の口座から引き落とされる日と、給料が振り込まれる日が同日だと引き落とされるのを止めることが出来ない場合があります。引き落とす口座がある金融機関で自動振替停止の手続きをすることによって、引き落とされるのを止めることが可能です。

債務整理や任意整理で債務者は不幸にならない

債務整理や任意整理を利用することで、債務者が不幸な立場になる可能性はありません。そもそも、これらの手続きの本質的な目的は、借金苦によって日常生活を送ることさえできなくなった人たちに対する救済です。

債務整理は債権者を優位に立たせる手続きではなく、債務者を不利な立場から脱出させる手続きであるため、この手続きが通ると必ず債務者の借金苦は楽になります。これは、任意整理であっても例外ではなく、話し合いで納得させることが出来れば借金は小さくなります。また、単純に借金を減らすだけではなく、過払いのように返還請求も求めることができるメリットもあります。

債務整理について