債務整理Excuse!押さえておきたい債務整理のポイント

借金解決に導いてくれる司法書士や弁護士の債務整理

債務整理は借金を解決する方法の一つですが、その方法は一つではなくたくさんあります。任意整理や個人再生、自己破産など条件も異なります。

債務整理は最終的な手段として利用します。そのため、複数の金融機関から借金をして、返済がどうしてもままならない人などが主に利用します。

弁護士や司法書士がその状態を把握して、複数の解決方法の中から最も適切なものを選択します。

弁護士や司法書士は債務整理などの借金に関する問題を扱う事は多いようです。

そのため、借金問題解決の経験が豊富な人も多いので、きっといい解決方法を弁護士や司法書士がアドバイスしてくれるのではないでしょうか。

司法書士にも取り扱われる借金相談、債務整理

弁護士や司法書士による取扱業務には借金相談も含まれており、借金に関する様々な案件が日々、依頼されています。相談業務は無料で受け付けられていることも多く、債務整理など、一人ひとりに応じた対処が必要となった際にも、親身に対応してもらうことが可能となります。

気まずくなりがちな借入先との直接交渉や、法律の問題が関係する各機関への手続き作業など、どのように対処すれば良いか分からない事柄においても、気軽に助けを求めることができます。借金に関する悩みを、より大きなストレスにしないためにも、素早い解決への努力が必要です。

司法書士に債務整理、借金相談をする

借金がかさんでくると、借金の返済に生活が追われ、自分だけでは完済のめどが立たなくなったりします。そんな時は、司法書士や弁護士などの専門家に借金相談をすると、良い方法を教えてくれたりします。

弁護士や司法書士の中には、無料相談なども設けていたりするので、いきなりお金を払って相談するのが不安な人は、そういった無料相談のサービスを利用してから、本格的な相談をすることができます。借金相談をすることで、債務整理の手続きの方法や、過払い金の請求などのことなどを教えてくれたり、実際に手続きをサポートしてくれたりします。

任意整理という債務整理の手続き

任意整理は債務整理の手続きの1つで消費者金融などの債権者と弁護士などの代理人が話し合って和解をして、借金の金額を利息制限法で定めて15パーセントから20パーセントまでの上限金利までに減らした上で、手続き以後に発生する利息をカットして残った元本を、およそ3年間分割払いで返済していき、債務の整理をする手続きのことになります。

借金をしない方にとっては、任意整理という言葉の意味について、あまり馴染みがないことが多いため債務整理の手続きをしているということを人に知られることがあっても借金をしていることを連想できる方は少ないです。

債務整理としての任意整理

多額の借金による返済に頭を抱えてしまった方にとって、自分の力で全額を完全に返済することが既に難しい状況に陥ってしまっている場合も多く、どのように問題を解決させれば良いのか分からないという場合もあります。

弁護士や司法書士などの法律専門家へ相談することによって、解決策が見いだせることも多く、完全な返済が困難であると判断される場合においては、債務整理による解決が目指されることもあります。借入先である金融会社へ直接交渉が行われる任意整理は、最も手軽な方法として認識されており、裁判所などへの手続きも必要ありません。

債務整理について