債務整理Excuse!押さえておきたい債務整理のポイント

法律家に相談したい過払い請求

法律家ではない機関が過払い請求に関する相談を受け付けている事もある様ですね。法律家を通して過払い請求を行うと、何かとお金がかかるのではないか、という事で別の機関に依頼した方がいいのかな、と考える人もいる様ですね。

しかし、裁判になってしまった時に対応してくれたり、トラブルの法的解決をする事ができる法律家に相談した方が、後になって楽な事もあるかもしれません。

法テラスの様な所に行って相談すると、安心ですね。

借金で困っている時というのは、特に悪質な業者などに引っかからない様に気を付けたい所ですね。あまり信用できないと思う会社をむやみに利用するというのは考え直した方がいいかもしれないですね。

過払い金の引き直し計算とは?

過払い金は嘗てグレーゾーンと呼ばれた法の抜け穴から発生していた、過剰な金利負担から発生していた払い過ぎの返済金の事を指します。既に判例が出ており、正式な過払い部分の金額が計算された場合には返金対象となります。

その計算方法ですが、取引の期間において過剰な利息が掛かり続けているケースが殆どで、複利で過剰金利の負担が生じている事になります。その為、貸金業者に対して判例で義務付けされた取引履歴の開示請求を行い、借入金額や期間から複利の負担まで逆算して計算する事となります。そして過剰分を実際に返済した額から差し引きし、これを過払い金として請求する訳です。この一連の計算方法が、引き直し計算と呼ばれるものになります。

夜逃げよりも大阪で過払い金請求をして借金ゼロに

複数の消費者金融やカード会社から借金を繰り返してしまい、もう夜逃げするしかないなんて悩んでいる方に知って欲しいのが、過払い請求をすれば借金をゼロにできる可能性があるということです。

過払い請求とは法律で定められた分以上の利息で借金をしていた場合に、返金手続きをすることでその払い過ぎていた利息分が戻ってくるという仕組みになっていて、もし2007年くらいまでに借りていた分が借金があるならば適応される可能性が十分にあるので、ご自分で調べてみるか、心配な方は過払い請求を行っている弁護士事務所などに1度相談に行ってみると良いでしょう。

多重債務の際に気にしたい過払い

多重債務を抱える方などが悩まされる借金問題には、過払いの有無という抜け穴が存在していることがあります。長年にわたり借金を返済していた場合、支払いすぎている利息が発生しているケースも考えられます。

そこで、返済先の金融会社に請求の手続きをおこなうことで、支払い過ぎていた利息を取り戻せるケースもあります。弁護士や司法書士などの法律専門家によって代行手続きが取り扱われており、自分で手続きを行うよりもスムーズな問題解決を目指すことができます。また、借金の残額によっては、過払い請求を行う完済できることもあります。

多重債務の場合の過払いも解決

複数の金融会社からの借り入れを行った状態である多重債務を抱えている方などにおいて、気にしたい事柄として過払いの有無が挙げられます。借金返済の際に支払い過ぎている利息分などの金額は、請求手続きを行うことによって、手元に戻って来るケースも多く見受けられます。

弁護士や司法書士への借金相談を進めている場合には、返還の請求手続きが行われることもあり、面倒な作業も発生しない上、金融会社からの督促を止められるといったメリットもあります。返金される金額によっては、借金問題そのものの解決へと繋げられる場合があり、損をしない事が重要です。

多重債務状態でも過払い請求はできる

借金の問題は表面化されるケースが少ないですので、気がつかない人も多いですが人知れず悩んでいる人も多いことでしょう。多重債務状態である場合には過払い請求はできないと認識している人も多くいますが、実は債権者に対して請求をおこなう事は可能になります。

しかしながら、過払い金請求には時効が存在しますので、その期限がすぎてしまうと基本的には無効になってしまいます。そのような注意点も踏まえ判断していくことが大切でしょう。払いすぎてしまった利息に対しての請求は、多くの弁護士や司法書士がおこなっていますので、気になる場合には相談してみてもいいでしょう。

過払いも気にしたい多重債務のケース

複数の金融業者からの多重債務を行っている場合、返済先への返済を続ける中で発生しかねない過払いが重なっていることもあります。利息分として支払っていた払い過ぎの金額については、請求の手続きを行うことで手元に戻って来ることがあります。

弁護士などの法律専門家によって、借金相談の一部として広く取り扱われており、自分で対処しようとするよりも、スムーズな手続きを行うことが可能となります。さらに、返金された金額次第では、借金問題自体の解決にも繋がることがあるため、慎重に対処しながらも、速やかな解決を目指したいものです。

過払い請求について