債務整理Excuse!押さえておきたい債務整理のポイント

債務整理の後は家計簿で管理

もし債務整理が必要になってしまう様な事があれば、それ以降はその様なトラブルになる事がない様に、自分で徹底的に金銭管理をしたいですね。

債務整理というのはやはり大きな問題と言えるでしょう。改めて新しい人生を開始するためにも、改善すべき点は良くしていきたいですね。

そこで便利なのが家計簿です。

数字で見てはっきりと分かれば、自分で危機感を持つ事ができますね。家計簿はどこが良くないのかという事を分かりやすくする事ができます。

借金はしていない、という人であっても節約したい人などにおすすめしたい方法です。そして、習慣的に金銭の管理をする癖を身に付ける事ができればいいですね。

債務整理、借金相談が可能な司法書士

複数の金融業者から借金をしていたり、短期間では完全に返済できないような多額の借金に悩んでいる方にとって、自分の問題を解決させるための相談先は重要な存在でもあります。

司法書士の取り扱い業務としても借金相談は実施されており、無料で相談できる窓口が設けられているなど、気軽に利用しやすいシステムが整えられています。また、債務整理などの手続きが必要となった際においても、書類の準備や裁判所への連絡など、面倒な作業を全て任せることができます。さらに、一定の額以上の借金が関係する場合には、弁護士への相談も可能です。

債務整理、借金相談ができる認定司法書士について

大きなトラブルを法的に解決する際は、法律の専門家である弁護士に相談するのが一般的です。ですがトラブルの争点となる金額が140万円以下と比較的少額の場合、法務大臣の認定を受けた認定司法書士でも解決することが可能です。

カードローンによる多重債務が社会問題となっている現代、返済できるはずだった少額の借金に苦しんでいる方は数多くいらっしゃいます。そんな方には、敷居の高い弁護士事務所に相談するよりも、身近にあって費用も割安な司法書士事務所に相談してみるのをおすすめします。債務整理に特化した事務所も多く存在しますので、まずはお気軽に借金相談してみてはいかがでしょう。

債務整理の手続きの1つである任意整理

債務整理は、膨れ上がってしまった借金を法律に従って整理をする手続きのことで、幾つかの種類の手続きがあります。それぞれの手続きのメリットや、デメリットを把握しておいてから、どの手続きが自分に最も適しているのかを判断することが必要となります。

その中でも任意整理という手続きは、裁判所などといった公的な機関を使わずに、借金をした人が依頼した認定司法書士や、弁護士などの法律の専門家が、直接お金を貸し出した債権者と話し合って、利息を減らしてもらったり、月々の支払いの金額を減らしてもらったりする手続きになります。

任意整理などの債務整理をしていたことを知られること

任意整理などの債務整理の手続きをするのは、債務者に認められている法律的に認められている権利ですが、実際に手続きをしていたことが夫に知られると、お金の管理能力が低いという理由で離婚を迫られることがあります。

法律上の離婚事由の1つに任意整理などの債務整理の手続きをしていることに該当しませんが、お互いが合意しているのであれば離婚事由の1つとして該当しなくても離婚することになってしまいます。 離婚の事例の多くが協議離婚となっているため、夫が離婚したいという意思を示しているときに、それを退けて結婚生活を継続していくのは現実的には困難かも知れません。