債務整理Excuse!押さえておきたい債務整理のポイント

過払い返金請求も忘れずに

借金の返済ができずに債務整理をおこなおうと思っている方は特に、過払い請求についても行える可能性が大きいと言えます。

これは、消費者金融が違法な金利で貸付けを行っていた過去の経緯から、不要に払ってきた過払い金を逆に請求できるというものです。

特に10年以上にわたって返済を行っている人は、過剰な利息を払い続けている場合の確率は高くなります。

債務整理を検討するひとの多くが、多重債務に陥っている確率が高いため、過払い請求を行い、正当な与信枠に見直しをする必要があります。

債務整理は債務者にとっての適性な利息と支払える返済プランへと見直しをかけることも行いますので、司法書士や弁護士に依頼をして、正当な利息で借金の返済を目指しましょう。

過払い金が発生する仕組み

貸金業者には、法律により法定金利が定められているので、この金利に基づいて貸付を行わなければいけません。 以前は出資法と利息制限法という2つの法律があり、それぞれに異なる金利を定めていました。

この2つの法律で定められた法定金利間の金利はグレーゾーンと呼ばれており、グレーゾーン金利で返済した金利を利息制限法の法定利率に引き直し計算し、払い過ぎていた金利分が過払い金です。 大阪や神戸で過払い金が発生していたときは、貸金業者に返還請求を行えれば払い過ぎた分を取り戻すことができます。 これが過払い金返還請求です。

過払い金請求によるブラックリスト登録後の生活はどうなる?

過払い金請求をしただけでは、基本的にデメリットはありません。しかし、任意整理などの債務整理をすると、ブラックリストに載ってしまうので、弁護士にデメリットについてもよく聞いておきましょう。

過払い金請求をしても、なお借金が残っていた場合には、任意整理をすることになるでしょう。その場合、およそ5年間はクレジットカードやローンが利用できなくなります。ほとんど生活に影響がないという人もいますし、自動車ローンや住宅ローンが組めなくなって大きな影響が出てしまう人もいます。ケースバイケースなので、専門家のアドバイスを聞いた上で、よく考えて行う必要があります。

多重債務を整理する第一歩過払い金

多重債務をかかえている人にとっては月々の返済を少しでも減らすことが、返済を早めるための第一の手段になってきます。そういった際にまず確認するべきなのは自分に過払い金があるのかどうなのかということです。

もし自分に過払い金があったとして、すでに返済している分でしたら、余分に支払っていた分に関しては請求をかけることによってすべて戻ってくることになりますので、その戻ってきたお金を返済にあてることができます。またどうしても回らない場合には今返済している借金の中から余分に支払いをしている分があるのでしたら、その分だけを請求かけることもできます。

多重債務による過払い請求の不安点

多重債務を抱えている方は、過払い金が発生している可能性を考えておいた方がいいでしょう。過払い請求をおこなうと、払い過ぎていたお金が自分の手元に戻ってくることもあります。そのため、最寄りの司法書士や弁護士などに相談する方もいます。

司法書士や弁護士には守秘義務が課せられており、依頼者の承諾を得ずに家族や会社などに借金の話をすることなどは絶対にありません。そのため、借金をしていることを家族に内緒にしたいという方でも、安心して利用することが可能です。依頼者と事務所との連絡方法についても、希望を伝えると通してもらうことができます。

過払い請求について