債務整理Excuse!押さえておきたい債務整理のポイント

司法書士や弁護士相談の債務整理例

司法書士や弁護士法律事務所のホームページなどを見ていると、債務整理を行って解決できた人の例が紹介されている事もあるかと思います。

しかし、他の人と同じ債務整理を行ったからと言って、常に自分の借金も同じ様に何とかなるとも限りません。

結果として、借り入れの金額や返済状況というのは、債務者によって全く異なりますので、その人に合った債務整理を行わないと解決する事は難しいでしょう。もちろん、同じ解決方法を利用する事もあるかと思いますが、異なる場合が多いという事を忘れない様にしたいですね。

逆に考えてみると、それぞれの人に合った個別の方法が求められるために、判断する弁護士や司法書士などの法律家が必要とされていると考えられるでしょう。

自分に合った債務整理を考える時は、借金問題に強い弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

借金相談、債務整理も取り扱っている司法書士の存在

司法書士によって取り扱われている借金相談については、無料で受け付けられている場合も多く、メールや電話によっても気軽に利用することができます。複数の借入先から借金をしている多重債務や、多額の借金に苦しむ方の場合、完全な返済が難しい状況も多く、債務整理による問題解決が目指されることもあります。

任意整理や個人再生、自己破産など、複数に分かれる手段が存在しており、それぞれの環境や状況によって最適な手段としての解決策を見出すことが重要でもあります。法律に基づいた判断や手続きに関する知識が必要な場合も頼りになります。

債務整理、借金相談は司法書士に

借金の返済で困った時に当事者で問題を解決しようとしてもとても困難です。借金問題に詳しい代理人を立てることが解決に繋がります。ですので、借金相談がある場合は司法書士に頼みましょう。

しかし、問題点が一つあり、それは限られた範囲でしか法律業務を行うことができず、取り扱いに制限を受ける可能性があります。それでもおススメしたい理由は料金が安いということです。

弁護士はすべての法律業務を扱うことができますが、料金を自由に決めることができるので基本的に割高になります。お金の問題を抱えている人に取って、料金はとても重要です。ですので、安く相談ができる司法書士を選ぶのがよいでしょう。

任意整理や債務整理の弁護士や認定司法書士の役割

弁護士は、訴訟や、調停といったことを本人になり代わって代理人を務めることが可能です。そして、認定司法書士の方は、このような法律に関係する文書の登記や、作成を代わりに行うことが可能です。

債務者の代理人として任意整理などの和解をすることが可能な認定司法書士も存在します。法律上の手続きや、申請をする債務整理では、弁護士も、認定司法書士も、やることに違いはないということができます。しかし、認定司法書士が取り扱うことができる依頼の内容には制限が存在し、簡易裁判所で取り扱う請求金額が140万円以下の案件ということになります。

債務整理の中の任意整理で圧縮された債務は完済する努力が必要

色んな金融機関から借金をしてしまい、多重債務に陥ってしまうと、1ヶ月の間に何度も支払期日が到来して返しきれなくなってしまいます。そんなときには法律事務所に相談すると、自分の状況に応じた債務整理の手続きを進めることを提案してくれます。

最も多い手続きは任意整理なのですが、この手続きを進めると、弁護士などが代理人となり債権者と話し合い、3年ぐらいの期間で完済できる金額に債務を圧縮してくれます。

だたし、返済している3年間は身の丈にあった生活をして返済に努める必要があり、返済期間中に、お金を借り入れようとする行為が判明すると、場合によってはその弁護士が、この案件から手を引く可能性があります。

債務整理について