債務整理Excuse!押さえておきたい債務整理のポイント

個人再生の手続きは司法書士でもできる?

個人再生の相談だけなら、司法書士でもできますが、基本的には弁護士に依頼をすることになるでしょう。

なぜなら、個人再生では100万円から500万円の借金のケースなら、100万円までしか減額ができません。

500万円の借金を100万円にできれば大きなメリットはありますが、150万円くらいの借金を100万円に減額するなら、任意整理を選ぶという人のほうが多いでしょう。

司法書士では140万円以下の借金なら債務整理の手続きを代理できますが、140万円を超える借金では代理人となれません。よって、個人再生をするなら、弁護士に依頼をするのが通常です。

個人再生などについての借金相談

返済が滞るまできてしまった借金については、限界の状態まできていますので、一人で抱え込むのはやめて専門の機関か、弁護士や司法書士などの専門家に借金相談をおこないましょう。相談することで精神的に楽になれることもありますし、自身の状態に適した手段を選択することも可能になります。

また、弁護士にかかる費用や期間においても、選択する手段によって大きく変わります。債務整理といっても任意整理や個人再生、自己破産など多くの手段がありますので、自分に適した方法を専門家の意見を聞きながら採用することをおすすめします。

個人再生おいての借金相談

個人再生においては実は方法がいくつかあります。種類としては小規模個人再生と給与所得者再生があります。この場合には継続的に収入を得ることのできる場合や、債務が五千万以下だった場合において適応される方法になります。

この方法をおこなっていくには債権者の同意が必要になります。もう一方の給与所得者再生については、定期年収がある場合や年収の20パーセント以下の変動であれば認められる制度になります。この方法については債権者の同意がなくても、おこなうことが可能になります。以上の点を踏まえて借金相談をおこなうといいでしょう。

個人再生を検討しているなら借金相談へ

借金を大幅に減額して、返済しやすくする個人再生は、住宅や車を手放す必要がありません。また返済中のローンがある場合でも、住宅資金特別条項によって一定の条件を満たすことで、手続きできるようになります。

詳細については担当者である弁護士や司法書士に借金相談してください。 また個人再生をしたからといって、家族には影響がないので家族名義でローンを組むことができます。また自己破産とちがい、職業制限がなく、今ある職を手放すこともありませんが、もし会社から借り上げがあった場合は損益を与えることになるので、辞めざるおえないケースもあります。

個人再生を願う人が借金相談するなら

どのような理由で借金することになったとしても、借金は返済する必要があります。もちろん、不法に背負わされた場合はその限りではなく、別に違法性を証明しなければなりません。借金がかさみ、どうしようもなくなったら、司法書士や弁護士に相談します。

借金相談が無料の事務所もあります。個人再生をして、人生をやり直すのがベストです。借金の額にもよりますが、返済の道がたどれれば、過払い金の請求につなげられるかもしれません。法律の専門家であれば、現行の法律に沿った対策を提示してくれるでしょう。家族にいえないことが多い借金問題を、秘密を守りつつ解決してくれます。

個人再生と司法書士について